月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXで複数通貨を取引する


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




FXのスキャルやデイトレで複数の通貨ペアを同時に取引する理由


一度に、複数の通貨ペアを持ち、1ペアあたりの建て玉数も小分けして分散することは、
リスク管理として重要な方法です。


複数ペアを同時に扱うということは大変という考え方もありますが、
リスク管理を怠れば、全てを失うのがFXに限らず投資全てに言えることです。


FXでは複数といっても、
似たような動きをするためそれほど手間と感じることはないはずです。


また必ずといっていいほど、先導役を務めるものや、異変にいち早く反応する通貨がありますので、
変化に対応しやすいという利点もあります。
| 日記

FXのスワップ金利


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXのスワップ金利という単語をよく耳にしますが、
これは一体なんでしょう?


FXのスワップ金利(ポイント)とは、
金利差収入のことをさします。


金利が高いほうの通貨を買っていればスワップ金利を受け取れますが、
金利が低いほうの通貨を買っていればスワップポイントを支払うことになります。


一般に、取引所やFX業者が表示しているスワップ金利は、
1万通貨当たりのもので、日々入金または出金されます。


スワップ金利が、豪ドル/円がユーロ/円の5倍になっている場合、
取引量が同じなら200円の5倍のスワップ金利を受け取れたということになります。


ただし、FXの収益を決めるのはスワップ金利と、為替の差損益の2つがあります。
金利よりも相場観(当該通貨が円に対して高くなるのか、安くなるのか予想すること)が重要となります。
| 日記

FXと外貨預金


FXと外貨預金の違い

FXは外貨預金と違い、
円安に動くときでも、円高に動くときでも、
どちらの場合も利益を得ることが可能な投資です。


FXは外貨預金と違い、
円高の時も「売りポジション」を持つことで、
利益を得ることが可能となります。


FXは外貨預金と違い、
口座の資金が保全される可能性があります。
(外貨預金はペイオフの対象ではありません)


FXは外貨預金と違い、
24時間、海外からでも取引が可能です。
FXの市場は24時間世界中とつながっています。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[広告】

負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら

↓↓↓

月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
| 日記
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。