月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXと欧州金融安定化基金



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



欧州金融安定化基金


ギリシャなど資金繰りに困った国にお金を貸すため、
ユーロ圏各国が昨年6月に設立された。


現在のの融資能力は、
4400億ユーロで約47兆円。


各国政府が保証するEFSF債を発行して投資家から資金を集め、
融資先が返済できなくなれば各国が損失を負担するもの。


市場に出回る国債を買い支えることや、
資本不足の銀行に資金を入れることを認める拡充策が各国議会の承認で決定。
| 日記

FXと為替制作



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




安住財務相
為替の適正な水準を確保するように努力したい

中尾財務官
市場が投機的なら単独で介入する可能性を排除しない

11月に覆面介入を実施していたこと、
12月以降も円高局面では単独の円売り介入を継続することを示唆。


政府・日銀が円売り(覆面)介入を継続しており、
今後も適正でない76-77円を防衛する円売り介入を継続する意図があるとします。


それは、欧米の通貨当局の批判を無視して、
単独で円高是正を行うという「為替政策」が打ち出されたことになります。
| 日記

FXと円高



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



日本の大手輸出企業で、
本気で円高を恐れているところはないといいます。
なぜでしょう?


その理由は、
為替対応はすでにできているため。
リスクヘッジができているため。


円高でも円安でも、
その対応策はとれているということです。
その対応策とは?


円高ドル安なら米国工場で、
ユーロ安なら欧州で、
円安になれば国内生産を増やせばいい。


円高は海外子会社が儲かって、
日本本社の利益が減るだけで、
企業全体としては痛くないということなんですね。


円高を理由に生産性の低い国内工場を
海外移転できるなら
メリットのほうが大きい
| 日記
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。