月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXと円高と雇用の関係


超円高が東芝・北九州工場を直撃
なんと、5百人もの配置転換へ


設立から90年を超える、最も歴史が古い北九州工場を
来年度にも閉鎖することを決定。


携帯電話の半導体部品などを製造しているが、
1ドル=77円台前後の円高が続き、
海外勢との競争に太刀打ちできないと判断したとのこと。


500人強の従業員を、
他の工場に配置転換するようです。

賃金はもらえても、
生活環境は変わってしまう。

働く場所が変わることが及ぼす影響は?
仕事へのモチベーションは?

企業としては○でも、個人としては×なこともある。

課題は山積みだ。

円高局面で国内電機大手が工場の生産停止に踏み切るのは、
パナソニックに次いで2例目。
| 日記

FXと欧州債務問題



欧州各国の債務問題が、
金融不安に及んでいる。


欧州の銀行は、
ギリシャをはじめとした借金が多い国の国債をたくさん保有しています。


国債価格が下がって含み損が膨らむことで、
財務内容の悪化が進行していきます。


これらの国が債務不履行に陥れば、
各国の財務内容が悪化し、経営状況は一層危うくなる。


ギリシャ国債を保有する金融大手デクシアが、
実質的な経営破綻を発表した。


ギリシャの財政破綻の懸念が欧州全体に飛び火し
第2のリーマン・ショックを懸念する声も挙がっている。
| 日記

FXと欧州債務危機


欧州債務危機では、
ファンロンパイEU大統領が、


「欧州の債務危機は今や完全にシステミックなもの」と指摘し、
「解決にはシステミックな対応が必要」と発言した。


欧州の債務危機はすでに、
金融の「システミックリスク」を脅かすところまで来ているということだろうか。


システミック・リスクとは、

個別の金融機関の支払不能等や、
特定の市場または決済システム等の機能不全が、
他の金融機関、他の市場、または金融システム全体に波及するリスクのこと。


金融システムにおいては、
個々の金融機関等が、各種取引や決済ネットワークにおける資金決済を通じて
相互に網の目のように結ばれている。


そのため、
一箇所で起きた支払不能等の影響は、決済システムや市場を通じて、
またたく間にドミノ倒しのように波及していく危険性がある。
| 日記
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。