月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXの人口は激増中


FXの人口は激増中
FXとは外国為替証拠金取引を指しますが、
は1998年の外為法改正により誕生した、日本では比較的新しい金融商品です。

外国為替という親近感や商品設計の利便性から、
取引参加者が急増しております

FXは老若男女を問わず、
幅広い層の方が資産運用として利用しています。

FX、外国為替証拠金取引は、
多額の利益が得られる反面、多額の損失を被る可能性も伴う取引です。

自己の資力、経験を充分に考慮し、
自身の判断と責任において取引することが求められます。

高まる資産運用の必要性は、自分の身を守る手段として高まっています。
預貯金による利息は皆無に等しく、物価の上昇は資産の目減りを意味します。

年金受給額も不透明ですよね。
公的年金を考慮しない場合なんて、、

老後に必要な資金は20年間で、なんと、約1億円前後。。
終身雇用の崩壊により退職金もあてにならない時代、

資産運用?自分と関係ないよ?
なんていう考えは、実はリスクだったりします。

海外では学校教育のなかで資産運用を取り入れている国も少なくありません。
日本はというと、お金の話をするのがどこか敬遠されがち。

まじめに働くことが正しく、お金のことを考えるのは間違っている。
みたいな。

貯蓄から投資へと叫ばれるように、
これからは貯蓄と投資を使い分ける時代。

自分の身を守るのは、
自分、なんですね。
| 日記

風説の流布


絶対に表じゃ言えないけど大震災は宝くじに当たったようなもの。
被災者には悪いけどガッツポーズしたい気分


大手ゼネコンの下請け業者がそんなことをいっているようだ。
昨年12月から本格的に動き出した放射線の除染作業を大規模に引き受けたことに起因する。


そんなゼネコンを後押ししているのが、
皮肉にも環境にうるさい専門学者や市民団体などと言われている。


放射能汚染の怖さを訴えれば訴えるほど、
この仕事への監視が甘くなり、引き受ける規模が拡大していく。


中にはゼネコンから不安をあおるよう頼まれて、
多額の支援費を受け取っている学者もいると言うから手に負えない。


できるだけマスコミには危機を煽って騒いでほしいと下請け業者は言う
不安心理を悪用する詐欺まがいの商法がまかり通っている。


風説の流布は投資マーケットでは罰せられる。
不安心理につけこみ利を上げるような生き方は詐欺と同じではないだろうか。
| 日記

為替介入の件


近藤氏によれば、


為替介入の「手の内を明かした」ことよりも、
「素人財務相」の「素人ぶりを露呈した」ことの方が日本にとって大きな損失である。


こうした基本的なことを理解出来ない「素人財務相」が居座り続ける限り、
日本は国際社会から馬鹿にされ続けるだろう。


なぜ日本の重責を担う人材が、こうなってしまったのか。
責任はわれわれにもある。


自分の資産は自分で守るしかない。
| 日記
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。